診療時間
9:00~12:00
13:30~15:00

〒731-5127 広島市佐伯区五日市1-12-6

お問い合わせ・ご予約:082-922-3153

広島県 広島市 佐伯区 精神科 神経科 うつ病 統合失調症 自律神経失調症 パニック障害 メンタルヘルス ストレス

トップページ病院紹介医師の紹介入院案内アクセス

社会復帰施設案内

グループホームいつかいち

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

トップページ»  社会復帰施設案内

デイナイトケア

精神科デイナイトケアは、医師や看護師、作業療法士、PSWなど、医療チームの指導のもと、手工芸や絵画などの創作、スポーツやレクリエーションなどといった活動を行いながら病気の再発を防ぐ、精神科通院医療のひとつです。
利用者はさまざまなプログラムへの参加を通じて1日の生活リズムを整えるとともに、同じ悩みを持つ仲間との交流により、退院後の暮らしに対する不安を解消します。

デイナイトケア デイナイトケア デイナイトケア

デイナイトケア デイナイトケア デイナイトケア

どんな方が利用していますか?

  • ・退院してもすぐに再入院してしまう
  • ・家に閉じこもり何もせずゴロゴロとしてしまう
  • ・退院はできたがすぐには働けない
  • ・仕事をしなければと思うがやる気が出ない
  • ・人と話すのが苦手
  • ・つき合いが下手で友達ができない
  • ・自信がない

このようなことで、悩んだり心配したりしている方たちが利用しています。

ご利用時間

月~土曜日 8:00~18:00

ご利用方法

デイナイトケアへの参加を希望される方は、お気軽に主治医にご相談下さい。
デイナイトケアのスタッフが詳しい内容についてご説明します。

費用について

広島市にお住まいの方 無料(朝・昼・夕食代を含む)
広島市以外にお住まいの方 1日1,060円~1,190円 食数によって異なります。
また、所得に応じて負担上限月額が異なります。

交通費は自己負担となります。
※自立支援医療の手続きが必要です。詳しくはスタッフまでお尋ね下さい。

お問い合わせ先

TEL 082-922-3153

地域生活支援センター

地域生活支援センターいつかいちでは、相談支援事業と地域活動支援センターⅠ型を行っています。

相談支援事業

障害のある方やそのご家族、地域の方から、生活や就労についての不安やお悩み、障害福祉に関する制度やサービスの利用に関する相談に応じるほか、制度やサービスの利用調整等をお手伝いいたします。また、必要な情報提供や専門機関の紹介、福祉サービスの申請や利用のための支援を行います。

地域活動支援センターⅠ型

地域生活支援センターいつかいちは、地域で生活する障害のある方々の生活全般の支援を行い、社会参加の促進を図る通所施設です。障害を抱えて生活をしている方やご家族が、安心して日常生活を過ごせ、より質の高い生活を送れるように個別に生活相談支援を行っています。また、各保健・福祉・医療サービスの機関と連携しながら、地域社会との交流の場所を提供し、公共サービスなどの情報提供・サポートしています。

外観
外観
2階 地域交流活動室兼訓練室
2階 地域交流活動室兼訓練室
1階 食堂
1階 食堂
2階 地域交流活動室兼訓練室
2階 地域交流活動室兼訓練室
1階 談話室
1階 談話室
2階 地域交流活動室兼訓練室
2階 地域交流活動室兼訓練室
 

施設の概要

施設名 地域生活支援センター いつかいち
所在地 〒731-5127
広島県広島市佐伯区五日市1-5-39
TEL 082-943-5562
FAX 082-924-5560
ご利用頂ける方 地域で生活する障害のある方とそのご家族の方です。
ご利用時間 日・月・火・水・木・金曜日
9:00~17:00
毎週土曜日・年末年始は休館です。
祝日はご利用できます。(土曜日が祝日の場合は休館です)

ご利用方法

責任あるサポートを行うため、原則として登録制です。
初めて利用される方は、まずスタッフに見学をお申し込みください。
体験期間終了後に継続して利用を希望される方は、「登録申請書」と「障害者手帳、自立支援医療または医師の意見書」を提出していただき、登録手続きを行います。
※「利用のきまり」を守っていただけない方は、ご利用できませんのでご了承ください。

費用について

登録料・施設利用料は無料です。行事によっては実費を頂く場合もあります。
(その都度お知らせします)

お問い合わせ先

TEL 082-943-5562FAX 082-924-5560

グループホーム

精神障害者グループホームは、地域での生活を望む精神障害者に対し、日常生活における援助などを行うことにより、精神障害者の自立生活を助長することを目的とした住居です。
「精神障害者居宅生活支援事務所」のひとつとして、国・都道府県・市区町村が認可をすすめており、現在全国的な広がりをみせています。
世話人が、食事の世話、服薬指導、金銭出納に関する助言など、日常生活に必要な援助を行います。
こうした援助とともに公的な援助も受けられるのが、グループホームのメリットと言えます。

グループホーム グループホーム グループホーム

グループホーム グループホーム グループホーム

施設の概要

施設名 精神障害者グループホーム いつかいち
所在地 〒731-5127
広島県広島市佐伯区五日市1-5-29-5
TEL/FAX 082-923-6564
入所定員

A:5名(5室)
B:5名(5室)
C:9名(9室)
サテライト住宅:1名(1室)

※各階には世話人室兼談話室があります。
※各居室は全て個室です。

設備 各居室は冷暖房、TV、冷蔵庫、クッキングヒーター、洗濯機、乾燥機完備です。
スタッフ 「グループホーム いつかいち」に世話人を配置し、日常生活のサポートをしています。

ご利用できる方

  • ・単身での生活に不安があるが、ある程度身の回りのことを1人でできる方。
  • ・他の入居されている方と協調性を持って生活することができる方。
  • ・日常生活を送れるのに足りる収入がある方。

費用について

  • 敷金:198,000円
  • 室料:38,000円/月(国からの助成金10,000円有り)
  • 光熱費:実費(個々の利用に応じて支払います)
  • 器具什器使用料:600円/日

※経済状況の著しい変化、その他やむを得ない事由がある場合、サービス利用料を相当な額に変更することがあります。

お問い合わせ先

TEL/FAX 082-923-6564

作業療法

作業療法とは、「こころ」や「からだ」に障害を持つ人やそれが予測される人に対して、作業活動を用いて生活で困っていることを解決するリハビリテーションの一つです。

作業療法室ではこんな作業活動ができます

面接室 落ち着いた場所で相談や話し合いをします。
生活訓練室 お風呂・トイレ・洗濯機・ベランダなど生活する設備が整っています。
一人暮らしや退院後の生活の練習ができます。
手工芸室 作品を作ったり書き物をしたり、机を利用した活動ができます。
調理室 お菓子作りから食事の準備まで料理を練習したり楽しんだりすることができます。
視聴覚室 音楽を聴いたりビデオを見たり、静かな場所でリラックスしましょう。
多目的ホール 簡単な体操やスポーツでみんなと一緒に体を動かしませんか?
本を読んだりくつろいだりすることができます。

※その他、薬・お金の管理・仕事・福祉制度・安全管理など、地域で生活するために必要なことについて、学んで身に付けていく活動もしていきます。

生活訓練室
生活訓練室
調理室
調理室
手工芸室
手工芸室
視聴覚室
視聴覚室
手工芸室
手工芸室
多目的ホール
多目的ホール
 

ご利用方法

入院されている方を対象に行っています。参加には主治医の許可が必要です。
参加を希望される方は、主治医または作業療法士・病棟スタッフにご相談下さい。
作業療法の活動や施設を見学したい方も、お気軽にご相談下さい。

ご利用時間

午前 9:30~11:30
午後 13:30~15:30

ワーキングパートナーズいつかいち

ワーキングパートナーズいつかいちは、現在通常の事業所に雇用されることが困難な障害のある方に対して、就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために、必要な訓練をおこなう福祉サービス事業所です。

ワーキングパートナーズいつかいちワーキングパートナーズいつかいち

ワーキングパートナーズいつかいちワーキングパートナーズいつかいちワーキングパートナーズいつかいち

施設の概要

施設名 ワーキングパートナーズいつかいち
所在地 〒731-5127
広島県広島市佐伯区五日市1丁目5-26-14
TEL 082-533-6672
種別 就労継続支援B型
利用時間 日曜日~金曜日
9:00~15:00

対象となる方

地域で生活する障害のある18歳以上の方

費用について

サービス利用については、ご本人の収入に応じて一定割合の負担があります。
サービス外の費用は実費負担となります。

ページトップ